新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

略奪婚
ケダモノ王にここまでミダラに愛されて!?

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

俺が決めた以上、お前は俺の花嫁だ

攫われ、奪われ、結婚させられて!? 大国の王ラーシュに組み敷かれ、熱い舌で肌をなぞられ、敏感な突起を刺激され――夜ごと淫らに作り替えられていく体。「お前の体は淫らで、かわいくて――いい子だ」荒々しい態度の中に一途な想いが見え隠れして、甘く揺らぐ心。こん
なに私は愛されているんだ……。気付き始めたとき、元婚約者が現れ、一緒に逃げようと囁かれるけれど……?
ジャンル:
西洋 | ファンタジー
キャラ属性:
オレ様・S系
シチュエーション:
新婚 | 政略結婚 | 甘々・溺愛
登場人物紹介

ラーシュ

北方の大国、セズデイン国王。野心家で年々領土を広げている。ユリィを奪って自分の花嫁にする。

ユリアナ(ユリィ)

リリーシア王国の第一王女。隣国の王子に輿入れする途中でラーシュに攫われて……。

立ち読み
「ユリ、アナ……」
かすれ声がユリィの耳元に絡みついてきたと思ったら、ラーシュは何度か焦らすようにユリィの耳朶を食んだのち、うなじをたどってするすると唇を彼女の背中に這わせていく。
「あ」
肩甲骨の間をなぞられたときに体が意図せずぴくんと跳ねた。
ラーシュはそれを見逃さなかったらしく、円を描くようにぐるりと、舌でそこを舐る。
「あ……あぁっ、あ……」
以前たっぷりと焦らされたせいだろうか、感じることの重要さを説かれたせいだろうか、それを生真面目に受けとめてしまったユリィは、彼の指先の一挙一動に至るまで、すべてを熱に変換するようにつとめてしまった。
(か、感じない、ように、しないと)
自分はこれから媚態をとって、彼にねだりごとをしなくてはいけない。どうかあの人々の罪を軽くしてくださいと、色仕掛けをしなくてはならないのに──。
「──ゃ、うっ!」
てろりと下部へとユリィの背中をたどっていった舌が、ユリィの臀部のまろやかな腰元へとたどり着いた。そのままふにっと唇だけで尻肉を食まれ、甘く歯を立てられて、知らない感覚にびっくりして身を起こしてしまう。
「な、なに……? あっ、やっ」
ユリィが抗議の声をあげると同時に、ラーシュが彼女の花びらにくちゅりと指を忍び込ませた。そのまま唇で柔肉を味わいながら、指で浅瀬をくちゅくちゅとかき混ぜる。
「もうこんなに濡れてる。わかるか? この音……」
ぴちゃぴちゃと足の間から響き渡る音に、ユリィはかっと赤くなって再び枕に顔をうずめた。本当は彼の指から逃れるために腰を引きたかったのだが、ラーシュが彼女のくびれをがっしりとつかんでいたため、必然的に臀部を高く突き上げる形となる。
「そういえば前は」
背後でラーシュが舌なめずりをするのを感じた。
「ここを舐めては、やらなかったよなあ……?」
「え?」
「いい子にできた、ご褒美だ」
「え? えっ……あ、あっ!」
うつぶせのまま腰を突き上げた状態のユリィに、そのあわいに鼻先を埋めるような姿勢で、ラーシュが彼女の秘処に舌を這わせた。
途端に、びりびりと駆け抜けるような強い喜悦が彼女を貫く。
「──きゃあぁっ!」
(なに? これ……! なに?)
舌のやわらかさと、その奥に芯のある感触は、指でさわられるときとはまったく違った悦楽の渦にユリィを放り込んだ。
「やめて! やめて! 汚い、からぁっ……」
「汚くねえよ」
「やだぁあぁっ……!」
ラーシュはユリィの入り口には直にふれずに、ぐるぐるとその周辺をなぞるように舌を動かした。はくはくとひくつくユリィの秘口から、近くて遠い場所を円を描くように舐めまわす。不埒な指先はといえば、包皮ごと秘芽を上下、左右に捏ね繰り回している。次第に皮を剥かれていないにもかかわらず、ユリィの蜜粒は萌芽し、かたく立ち上がり、ラーシュの指先にそろりとふれた。
「ふ、ああぁぁっ……!」
強すぎる快楽から逃げようと何度も腰を引いたが、すぐにラーシュの強い力で引き戻され、とろけるような愛撫が繰り返される。気が遠くなりそうだった。いつまでこれが続くのかと思うと、思考の輪郭がぼやけていく。
しつこいほどに繰り返されるラーシュの舌戯と指戯に、先に敗北したのはユリィだった。
「……これ以上、そんなことばかり、しないで……!」
その言葉を受けてか、それとも自身が飽きたのか、やがてラーシュは黙ったまま、くるりとユリィの体を仰向けにひっくり返す。
そこではずっとふれられずに張りつめた乳房の先端が、ぷっくりとふくらんで真っ赤に震えていた。
ラーシュはしかし、ユリィを仰向けにしたにもかかわらず、陰核をいじる手を引っ込めてはくれなかった。
「や……、あぁっ、んっ……!」
ラーシュはくりくりと器用に腫れたそこをしごきながら、ユリィが身悶える姿を見て楽しんでいるのか、やわらかな笑みを浮かべた。
「きれいだな」
荒い呼吸を繰り返すユリィの胸の上には、彼がくれたラピスラズリの首飾りが上下に揺れている。相変わらず蜜芽をいじくられているユリィは、その言葉の意味をきちんと把握することもできずに、快楽に全身を引きつらせていた。
「とてもよく似合っている。お前はラピスラズリが好きなんだろう?」
「……ど、して、そん、な……あぁぁっ」
「前にフレデルドの王子にもらったとき、喜んでたじゃねえか」
(や、やっぱりそのことを気にしていたのね……)
荒い呼吸を繰り返しながら、ユリィは拙い言葉で反論をした。
「む、むかしの、ことです……! それに別に喜んでなんて……あぁぅっ!」
「なあ」
「は、ぁ……っ!」
ふいにラーシュの指先が、ユリィの足の間から引き抜かれた。
「お前は次に、どうするべきだと思う? ユリアナ」
「……え……?」
「媚態を取って、俺にねだりごとをするんじゃなかったのか? 次はどうしてほしいかいってみろ」
「び、びた、い……」
「さわってほしいのか? それとも、舐めてほしいのか?」
「そ……そんな……こと……」
(どちらも、よくわからない──)
戸惑っているとラーシュがまるでユリィの胸元にまたがるように体勢を変えたため、目の前に迫った怒張に、狼狽した。
「な──なに?」
相変わらず猛々しいその雄茎は、天を貫くように堂々とそそり立ち、かつて自分の中に一度でも入ったことがあるとは信じられないほどに、大きくて、太かった。
「な、なにをするの? ラーシュ、……ひ、あっ」
ぎゅっと揉みあげるようにして乳房を手繰り寄せたラーシュは、その間に己の剛直を挿し込んできた。ユリィは驚きのあまり瞳を瞬かせる。
「──えっ」
彼はユリィの胸の谷間で己が性器をしごきはじめた。胸の間を行き来する滾った灼熱を見ながら、そのあまりの猥雑さに頭の奥が火照っていくのを感じる。
「こういうのは、はじめてだろう」
当たり前です。そう答えようと思ったのに、驚きのほうが大きくて、ユリィはすがるような瞳でラーシュを見上げることしかできなかった。潤んだ瑠璃色の瞳が彼の官能をあおったのか、やがてその突端からとろりと透明な汁がほとばしる。
「お前のはじめては、全部」
ラーシュの動きが速くなる。同時にこりっと親指で乳首を押しつぶされた。それまで痛いほどにたち上がっていたそこを刺激されたことによって、ユリィの表情に喜悦が浮かぶ。
「全部、俺のものだ」
「あぁ、あぁぁっ……!」
くりっ、こりっと乳首を転がされたと思ったら、強弱をつけてさすさすとさすられ、乳輪に押し込まれて、ユリィの頬に朱が走り、唇があえかに濡れてゆく。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション