新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

魔界王子とプリンセス
吸蜜の契約

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:5pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

魔族との契約条件はカラダ!?

侵略され絶体絶命の姫君ミルフィアが頼ったのは、魔族サリハ。魔力によって危機を脱することができたけれど、彼は淫魔――報酬は私の身体!? 唇を、乳首を、乙女の大事なところまで口づけられて……。サリハは人間の王子様に変身し、ミルフィアの婚約者に! 強引な彼に困惑するなか、再び侵略者たちが! 命がけで私を守ってくれる姿を前にして、サリハに恋してると気づいて……。
ジャンル:
ファンタジー | 西洋
キャラ属性:
オレ様・S系
シチュエーション:
玉の輿・身分差
登場人物紹介

サリハ

ミルフィアに召喚された魔界の王子。救国と引き替えにミルフィアの精気を求めてくる。

ミルフィア

突然の国難に立ち向かう、健気で芯の通ったエミエルア王国の若き女王。

立ち読み
「相変わらずいい色をしている」
「む、胸はしないって……」
時間短縮のために股間で吸うと言っていたではないかという目を向ける。
「しないとは言ってないよ。欲望を高めて精気を集めるのにここも使う。あとは、色とか硬さでおまえの興奮度を測れる」
サリハは二つの乳房を交互に撫で擦ると、ピンク色の乳首を人差し指で左右同時に押した。
「んっ……」
押された刺激にミルフィアはぴくんと身体を震わせる。
「感度は先ほどよりもよくなっているな。もうこんなだ」
硬くなっているとわからせるように親指と人差し指で挟んだ。
「やぁん……」
恥ずかしさと伝わってくるいやらしい刺激から逃げたくて、身体を捩らせる。サリハの指先から逃れた乳房が夜着の上で淫らに揺れた。
「誘うなよ。たまらなくなるだろ」
苦笑しながら右側の乳房を捕まえ、突起を舌で舐めあげる。
「あ……はぁ……」
それだけで目眩がするほどの気持ちよさが伝わってきた。
サリハの舌は人間とは少し違うのか、表面にザラリとした感触がある。濡れたそれで舐められると、背筋がゾクゾクするような快感が駆け上がった。
丹念に舐めまわした後、紅く色づき硬くなったミルフィアの乳首を覆うように、彼の唇が密着する。口の中で呪文のような言葉を発し、吸った。
「くっ、ふぅ……んんっ」
軽く吸われただけで、塔でされた時と同じく頭の中が真っ白になってしまいそうな快感が駆け上がる。
(ああ……だめ……っ)
ここは塔ではなく寝室で、扉の向こうには侍女達が控えているのだ。ミルフィアは自らの口を手で塞ぎ、嬌声が漏れるのを必死にこらえる。
「ふふっ」
声をこらえるミルフィアを嘲笑うかのように、サリハは丹念に両胸を吸った。吸う強さや舐める量に強弱をつけられると、快感が波のように襲ってくる。
「ふ……んんっ……んぁ……」
こらえ切れずに声を発してしまい、口を塞いだ手指の間から、くぐもった喘ぎ声が漏れ出た。
経験の乏しいミルフィアの身体は、快感に抗えない。
「仰向けに寝て」
胸を吸われながら命じられると、何も考えられずに従ってしまっていた。気づくと、夜着も下着も外され、生まれたままの姿で彼に触れられている。肌を滑る彼の指はとても気持ちよくて、口を押さえたままうっとり天蓋を見つめていた。
(え……?)
しかし、両膝裏を持ち上げられた時、ミルフィアは我に返る。
自分の両膝が開いた状態でミルフィアの眼前にきていた。そして、淫らに乳首を勃たせた二つの乳房の間から、サリハが股間を凝視しているのが見える。
「……っ!」
口を塞いだまま、自分の恥ずかしい姿に悲鳴を上げた。
(やめて……見ないで!)
夜着をほんの少したくし上げて口づけをする程度だと思っていたのに、こんな風にあられもない姿にされ、何もかもが見えてしまう格好にされるとは、想像もしていなかったのである。
「う……うぅ……っ!」
けれど、その姿を止めることができない。
(あ、足が動かないわっ!)
ミルフィアが抵抗することがわかっていたらしく、サリハから恥ずかしい姿のまま手足が動かなくなる術をかけられていた。
「ここも綺麗な色だ」
つっと指先でミルフィアの股間をなぞって言う。
「くうっ……っ!」
口を塞いだ手も動かせず、ミルフィアは呻き声しか出せない。サリハの指は一度だけではなく、何度も秘所を往復した。
花芯が隠れた割れ目の前から、花唇の閉じられた割れ目の終わりまで、指がゆっくりと行き来する。
それはすぐに、恥ずかしいだけではない感覚をミルフィアに運んできた。
「割れ目が濡れてきた。感じているね」
と、サリハから言われてしまうような……。
「んぅ……」
股間をなぞる指の滑りがヌルヌルしてきて、淫らな熱と疼きが増大していく。口を塞いだ指の間から、濡れた吐息が漏れ出た。
「せっかくだからおまえの色っぽい声を聞かせてもらおうか」
股間に触れていない方の手で、口を押さえているミルフィアの手を弾いた。途端に両手が顔から外れて左右の耳元に落ちる。
「んっ……い、いや、……やめて……」
「嫌だっていう反応ではないようだけど?」
蜜壺に指先を少ししのばせ、くちゅっと濡れた音を立てられた。
「だ、だって……吸うだけだって……うっ」
指を動かされて言葉が切れる。
「精気をより多く吸うには、感じさせて集めなければならないだろ。覚えていないのか」
「覚えて、いるけど……」
「だったら素直に感じて色っぽい声を上げてろよ」
「そん……な、んっ、あぁんっ」
指を回しながら蜜壺の奥へと挿入された。中から伝わってくる甘い快感に、思わず喘ぎ声を上げてしまう。
(どうしてこんな?)
サリハの指には媚薬が塗られているのかと思うほど、中が感じた。
「だめ……そんなこと……」
指は奥へと進み、ミルフィアの中を擦る。そこから伝わる刺激に、下肢がびくんびくんと跳ねた。
「やあぁ……っ」
そんなふうに痙攣したくないのに、自分の意思で動きを止められない。必死に我慢しようとしていた嬌声も、こらえられずに出てしまう。
初めて経験する蜜壺からの快感に、ミルフィアは翻弄されるしかなかった。しかも、挿れる指が増やされると、更に声が出てしまう。
「ああんっ、はぁっ、あんっ、や、外に、聞こえちゃぅ、んんっ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション