新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

禁断ロマンス童話
王子様に従属

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

3人の王子×3人の姫君――仁賀奈、超人気キャラがErotic童話に出演!

『腹黒王子と灰かぶり姫 -強制選択-』(『溺れるほど花をあげる』サヴァリオ×イレーネ)
花嫁選び中の王子様は私に夢中!? 優しい人と思いきや甘い罠を。狂わんばかりの独占欲で心も身体も拘束されてしまう!

『野獣王子と人魚姫 -従順初夜-』(『初蕾』彰久×鈴菜)
平安貴族に恋した人魚姫は期限付きで人の姿となり求婚されてしまって!? 結婚するため受けねばならない淫らな儀式とは?

『肉食王子と眠り姫 -禁断果実-』(『シークレット・ウェディング』クラウディオ×カタリーナ)
眠りから覚めない呪いをかけられた姫。解けるのは王子のキスだけ……のはずがキスだけでは終わらなくてもっと激しく!?

登場人物紹介

サヴァリオ

舞踏会でイレーネと出会った青年貴族。優しく穏やかな物腰だけど……。

イレーネ

継母に虐げられている可憐な伯爵令嬢。

彰久

海で溺れたところを鈴菜に助けられた凛々しい平安貴族。

鈴菜

純な性格の人魚姫。人間となって彰久に近づこうとするけれど……。

クラウディオ

カタリーナの呪いを解いた独占欲たっぷりの肉食系王子様。

カタリーナ

クラウディオに呪いを解かれた眠り姫。とても素直で人を疑うことを知らない。

立ち読み
「終わるまで瞼を閉じておきますか? きっと次に瞳を開いたら、なにもかも世界が変わっていますよ」
イレーネは甘く誘うような声に囁かれるままに、リネンのうえで無防備に瞼を閉じた。すると熱く火照っている頬に、サヴァリオの冷たい指が添えられる。
「息を吸って、……ゆっくりと吐いて。上手ですね……その調子です。吸って」
深呼吸する。緊張から呼吸の仕方を忘れていた気がする。苦しかったのはきっと、肺に空気が回っていなかったせいだ。
「そのまま瞼を閉じていてください」
イレーネがほうっと息を吐いて、身体を弛緩させたときだった。
いきなり柔らかなものを唇に押しつけられた。
「ん……ぅ?」
ビクリと身体を引き攣らせ、顔を背けようとするが、ふたたび塞がれる。
「……くぅ……んっ!?」
一瞬なにが起きたのか解らなかった。少し遅れて、唇を塞がれているのだと気づいた。
サヴァリオに放して欲しいと訴えかけようにも、言葉を発せられない。そのまま深く口づけられ、舌を口腔に潜り込まされてしまう。
「んふ、……んぅっ」
艶めかしく蠢く先端が、イレーネの熱い舌の上を擽っていく。そのまま、きつく絡みつけられ、口腔に溢れる唾液をジュクッと吸い上げられた。
「……ぅ……ふ……っ、んんっ」
ヌルリヌルリと擦りつけられる感触に、イレーネは身体を引き攣らせる。
擦れ合う部分から、ジンとした疼きが走っていく気がした。
六年前、サヴァリオに唇を奪われていたらしいので、初めての口づけではない。
だが、イレーネに記憶はない。今日の口づけが初めても同然だ。
いきなりこんなにも深く激しく舌を絡められては、抵抗できない。
サヴァリオは、イレーネが混乱しきっているのをいいことに、口腔中を嬲り、食らいつくような濃厚な口づけを与えてくる。
「……は……っ、ん……ぅ、んん」
顔を背けようとするが、頬を固定されて、戸惑う舌をいっそう強く絡め取られた。
強く吸い上げられ、ヌチュヌチュと唾液を捏ね回しながら嬲られるたびに、身体が引き攣るのをとめられない。
「……っ、ん、ん……!」
彼の胸を押して、引き離そうとするが、ますます深く唇を塞がれていく。艶めかしく角度を変えられるたびに、擦れ合う唇がジクジクと疼いた。
「……は……、ふ……っ、ん……く……ふ」
痺れる舌や唇を甘噛みされ、なんどもなんども唾液を捏ね合わせるように、舌を掻き回されていく。頬の裏や口蓋だけでなく、疼く歯茎や舌の上まで擦りつけられ始めると、イレーネは息を乱してしまう。
熱い。さっきまでよりもずっと。
こんなに心臓が早鐘を打っているのに、本当に症状は治まるというのだろうか。
「気持ちがいいでしょう。こうしていると、きっとあなたの緊張も解けると思いますよ」
嘘だと思った。治まる気配はない。それどころか、悪化する一方だ。
苦しくて堪らなかった。身体の芯まで疼き始めてしまって、理性を剥ぎ取られ、じわじわと追い詰められていくような不安が迫り上がってくる。
「……だ、……め……っ」
だめだ。これ以上はいけない。
今すぐサヴァリオから唇を離さないと、戻れなくなる。そんな予感がするのに、サヴァリオから与えられる、淫らにぬるついた情交は終わらない。
「……ほら、もっと奥まで受け入れてください」
低く掠れた官能的な声が囁く。劣情を煽り、底知れぬ淫蕩に落とされそうなほど魅惑的な声音だ。
「ん、んぅ……ふ……っ」
クチュヌチュと舌を掻き回されるたびに、粘った水音が口腔から洩れる。熱くぬめった感触に口腔中がいっぱいになり、息が乱れるのを抑えられない。
「……イレーネ……」
ふいに名前を呼ばれ、ゾクゾクとした痺れが尾てい骨まで駆け抜けていった。
「あなたの舌……、とてもおいしいです」
甘く掠れた声で囁かれ、イレーネの頭の芯で、なにかが焼き切れそうになる。
麗しいサヴァリオの舌と自分のいやらしく震えるそれが唾液を纏わせながら絡み合い、そして擦れる音だと思うと、堪らないほどの愉悦が湧き上がっていった。
「ん……、んっ、……はぁ……、あ、あ」
呻くような声が、イレーネの口から自然と漏れる。
吐き出す息が熱い。身体の芯まで、疼くような感覚が走り抜けていく。
「治ってきましたか?」
イレーネは息を乱しながら、微かに首を横に振る。治るどころか、さっきよりもずっと胸が苦しくなっている。
空気を吸う余裕もないほど、唇を塞がれていたせいだろうか。
「おかしいですね。……それなら、他の場所もほぐしてみましょうか」
リネン越しに、イレーネの柔らかな左胸の膨らみが掴まれた。それは激しく鼓動している、心臓の真上だ。
「……や……っ」
苦しい場所であるのは確かだ。だが、結婚前の女性が、みだりに男性に触れさせていい場所ではない。
「こうして撫でていれば、すぐに落ち着けますよ」
イレーネは驚愕に目を丸くするが、サヴァリオに清廉な顔つきで、微笑みかけられるとなにも言えなかった。
彼には疾しい気持ちなどない。それなのに、騒ぎ立てる方がおかしい。
「ん……っ」
気恥ずかしさを堪えて、イレーネはギュッと瞼を閉じる。
サヴァリオの掌のなかで、柔らかな乳房が優しく揉み込まれていく。弧を描いて、ゆっくりと撫でさするような動きだ。そうして、ふんわりとした柔肉が、なんどもなんども布越しに揉まれるたびに、先端の小さな乳首が凝り固まって、ツンと上向いていく。
「……ふぅ……、ん、んぅ……」
硬く尖った先端がバスローブの布地に擦れるたびに、鈍い疼きが生まれていた。
身体を打ち震わせ、髪を振り乱したくなるのを堪え、平静を装う。
緊張を解されているはずなのに、反対に身体が強張ってしまっていた。イレーネは淫らな吐息とともに声をあげそうになって、懸命に唇を引き結んだ。 
「……ん、んぅ……っ」
サヴァリオがそっと手を離すと、柔肉の頂にある薄赤い突起が、ツンと硬く尖って白いバスローブのタオル地を押し上げる。その感覚は疼きとともに、生々しく伝わっていた。
「少し解れたのではないですか?」
返事をすれば、同時に熱い吐息が漏れそうだった。必死に呼吸を抑えていると、頬がカァッと熱く染まってしまう。
「どうですか?」
泣きたいぐらい恥ずかしい。硬くなった乳首が痛いぐらいに引き攣っていた。
サヴァリオになにも言い返せなくて、イレーネはただ首を横に振る。
「……も、……もう……、放し……、ふ……っ、んぅ……」
途切れ途切れだったが、今のイレーネには精一杯だせる声だ。
どうか指を動かさないで欲しい。懸命に懇願するが、彼の指はとまらない。
「……そうですか。解りました。まだ緊張がほぐれてはいないのですね」
残念そうに嘆息したサヴァリオは、今度は両手で、イレーネの乳房を掬い上げた。そのままキュッと柔肉が揉みあげられる。
「だ、だめ……っ。も……だめ……」
イレーネは狼狽のあまり瞼を開いた。
片方だけでも辛かったのに、こんな風に両手で揉まれていたら、今度こそ、堪えきれずに変な声をあげてしまうに違いなかった。
イレーネは身を捩ることで、やめて欲しいのだと訴える。だが、サヴァリオの身体の下から逃れられない。
「音をあげてしまわれるのですか? せっかく、完治間近でいらっしゃるのに」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション