新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若奥様のみだらな悩み
夫のいきすぎた愛に困っています

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

「この髪も、可愛い唇も、もちろんココも……みーんな僕のものだ」

プレイボーイと名高い公爵・フィリックスに突然唇を奪われてしまったリゼット。父親の事情で結婚することになったけど、始終甘い囁きと愛撫を繰り返され、ドレスの下にはみだらなアクセサリーも着けられて……。「仲睦まじくて素敵な夫婦ね」って、私はこんなに翻弄されているのに!? それでも心まで蕩けそうになっていると、「フィリックスと別れて」という伯爵令嬢が現れて!?

ジャンル:
ファンタジー | 西洋
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
新婚 | SM・監禁・調教 | 媚薬 | 幼馴染・初恋の人
登場人物紹介

フィリックス

若くして公爵位を引き継いだ、社交界でも人気の美青年。リゼットの夫となる。

リゼット

元気いっぱいの男爵令嬢。父親の事業が失敗したことで、フィリックスに嫁ぐことになる。

立ち読み

「ねぇ、リゼット。キミはさ、少し無防備すぎるね」
太腿を撫でられる感触を覚え、フィリックスの手がドレスの中に潜り込んでいることに初めて気付く。
「きゃ……っ!? ……な、何……して……」
「キミは魅力的な女性なんだから、男の前で隙を見せたら、どうなるか教えてあげるよ。そうすれば他の男にも少しは用心するだろう?」
頬を包み込む手が片方だけになったことに気付き、リゼットはやっと顔を逸らすことができた。
「け、結構よ! そんなの教えてもらいたくないわ……っ」
それにきっと、最大限に用心しなければいけない人物は、目の前にいるフィリックスだ。
「遠慮しないで? 僕は教えてあげたいし、屋敷に着くまでまだまだ時間があるしね」
「……っ……遠慮しているんじゃないわ! も……いい加減にして!」
熱い手がじりじり足の付け根まで近づいてくるのがわかって、リゼットはこれ以上先に進まないよう両手で彼の腕を押さえた。
「や……ダメ……ダメだったら……っひゃ、……っ……ぁ……!?」
耳にちゅっとキスを落とされ、身体が大きく跳ね上がる。
「唇だけじゃなくて、耳も敏感なんだね。他はどのくらい敏感なのか、全身隈なく試してみたいな」
繊細な絵を描く筆のように耳を舐られ、濡れた耳に熱い息がかかるたびに肌が粟立つ。また身体の力が……彼の手を押さえつけていた力が抜けていく。
「あっ……ダ、ダメ……舐めないで……っ」
舌がイヤリングの留め金に触れると、ゆらゆらと耳飾りが揺れる。
歩く時に揺れてもなんとも思わないのに、フィリックスの舌に揺らされていると思うと刺激になって、ぞくぞくしてしまう。
「リゼットは耳までも可愛いんだね。このイヤリング、よく似合ってるよ」
「み、耳が可愛いわけ……ない……わ……」
「そんなことないよ。ほら、耳朶なんてこんなに柔らかくて、食べちゃいたいぐらいだよ」
歯が立たないように耳朶を唇で挟まれ、食べるように動かされると身悶えが止まらない。
不埒な手が付け根に向かってどんどん進むたびに、フィリックスの熱い体温が伝わってきて、触れられた場所から熱くなっていく。
「んんっ……や……も……触らないで……っ……」
「駄目だよ。ちゃんと男の危険性がわかるまで、放してあげない。……それに僕もまだ、触り足りないしね」
頭を押さえつけられているわけではないのに、首を振って舌の刺激から逃れることすらもできない。快感という見えない縄に、縛り付けられているみたいだった。
「も、……わかった……からっ……こ、これ以上……は……」
「……残念。もう遅いよ」
フルフル身震いを繰り返していたリゼットの秘部に、淫らな手がとうとう到着してしまった。
「ひゃぅっ……!?」
指が割れ目を直接なぞると、かすかにくちゅ、という水音が聞こえ、リゼットは頬を燃え上がらせる。
「……リゼット、本当は触って欲しかった?」
「そんなわけ……っ……ないでしょ……! そ、そんなところ……触らないで……っお願いだから……!」
「じゃあ、どうしてこんなに濡れてるの? ほら、こんなぬるぬるになっているよ」
指を上下に動かされると、くちゅくちゅいやらしい音が、馬車の音に混じって聞こえる。
「や、ぁっ……う、動かさないで……」
「気付いていないなら、教えてあげないといけないからね。ほら、聞こえる? 馬車に乗っているのに聞こえるなんて、相当な濡れ方だよ」
くちゅ、くちゅちゅ……ちゅ、く……
指の動きと合わせて、粘着質な水音が響く。
「ぁっ……んんっ……や……き、聞こえ……ない……っ……こ、んなの……違っ……」
耳をふさぎたくなるほどのいやらしい音が自分から出ているなんて、認めたくない。
「聞こえない? じゃあ、ちゃんと聞こえるようになるまで、擦り続けてあげるよ」
「え……!? や……っ……そ、そんなの……無理っ……!」
割れ目の中にある蕾がフィリックスの指先にほんの少し触れるだけで、雷が落ちたように身体がびくびくと跳ね上がる。
「っ……! や……そ、そこ……擦らないで……っ……」
「そこってどこ?」
わからないという口ぶりのくせに、フィリックスは花びらを割り、蕾を指で転がし刺激を与えた。
「やぁんっ!? ダメ……だって……言ってるのに……っ……」
「ああ、ここだったんだ? 僕は経験が浅いから、女性の身体には詳しくないんだよね。不慣れでごめんね?」
「……っ……み、見え透いた嘘をつかないで……っ!」
そんな嘘に誤魔化されるわけがない。リゼットは経験が全くないけれど、キスや身体の触れ方でフィリックスが経験豊富なのは伝わってくる。
「本当だよ? だって、好きな女性に触れるのは今が初めてなんだ」
低く艶やかな声が、鼓膜を甘く震わせた。
「嘘……ばっかり……私は、貴方なんて大嫌い……よっ……もう、放して……っ」
「大嫌いな僕に触れられているのに、陰核をこんなに硬くさせているリゼット? キミは本当に意地悪な人だね。拗ねてしまいそうだよ。仕返しに意地悪しちゃおうかな」
硬くなった蕾の形をなぞるように弄られ、びくんと身体が大きく跳ね上がる。
「ひゃぅっ……! あっ……ダメ……も、う……本当に……そこっ……擦らないでぇ……」
プライドを捨てて懇願しても、フィリックスは少しも容赦してくれない。快感に肌がしっとりと汗ばみ、コルセットやドレスが張り付いて煩わしい。
「ねぇ、この格好ってさ。傍から見たら、キミが僕の手を操って気持ち良くなっているみたいじゃないかな?」
「……っ……変な……んんっ……こと、言わないで……ん、ぁ……っ……」
否定の言葉が、途中で喘ぎに邪魔されてしまう。
「ねぇ、今馬車が停まったら、みんなに見られちゃうね? どうしようか。キミがこんなにも淫らな身体だってことが、知られてしまうよ?」
「そ、そんなの嫌……っ……フィリックス、お願い……もう、……も……ぅ……止めてぇ……あ、ンんぅ……っ……こんなこと……されたら……お嫁に行けなくなっちゃ……うっ……!」
「キミは僕の妻になるんだから、いくらでも乱れていいよ? 他の男の前では隙を見せて欲しくないけれど、僕の前ならいつでも大歓迎だ」
「冗談じゃないわ……っ! 誰が貴方なんかと……っ……」
戯れで結婚したいなんて言って欲しくない。横目で睨んでも、フィリックスは優雅な微笑みを浮かべるだけで、少しも怯まない。
快感に翻弄された身体は、馬車の振動すらも刺激に変えようとしていた。
「僕はこう見えて打たれ強いんだ。リゼットが結婚してくれる気になるまで、僕は諦めないよ。嬉しい?」
「嬉しいわけないでしょう! もう……貴方となんて一生会う気ないわ……っ……早く諦めて……っ!」
「そんなことを言われたら、帰したくなくなるよ……このまま僕の屋敷に連れ帰って、僕の子を孕んでくれるまで抱き続けようか? そうすれば、結婚しないわけにいかないだろう?」
濡れそぼった膣口を指先でなぞられ、リゼットは身体を引きつらせた。
「いや……っ……そんなの絶対にいやよ……っ……会う……会うわ……だから、も……う……許して……っ」
お腹の奥が泣き出しそうなぐらい熱くて、不埒な指先で弄ばれた蕾はヒクヒクと疼いていた。
これ以上は知ってはいけない。知れば、きっと元に戻れなくなる──。
心が警報を鳴らしているのに、身体はまだ刺激が欲しいというように火照っていた。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション