新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

さらわれ婚
強引王子と意地っぱり王女の幸せな結婚

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

君は今から
俺のものになる

「俺のものになると言え」押し倒して拘束され、幼なじみの隣国の王子・レナードに強引にプロポーズされた王女シンシア。母国のために身を捧げるはずが、レナードと結婚することに!? 口づけに震える身体。巧みな愛撫が気持ちよくて蕩けそうな心。優しいのか身勝手なのか、わからない――。戸惑いながらも惹かれてしまうシンシアを抱きしめ、レナードは甘く愛の言葉を囁いて……!
ジャンル:
ファンタジー | 西洋
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
政略結婚 | 幼馴染・初恋の人 | 甘々・溺愛
登場人物紹介

レナード

精悍で美しい、ランドルフ王国の第二王子。シンシアとは幼なじみ。

シンシア

フロスト王国の王女。継母の提言により、国を救うための儀式の生贄となるけれど……。

立ち読み
 緊張と羞恥で上下するシンシアの胸を、レナードの手がそっと包み込む。手のひらに、硬くなり始めた乳首が当たって、ほんの少し肩を揺らした。すると、綺麗な指先がシンシアの真っ白な肌に深く入り込む。ふに。たわわな胸がやわらかいお菓子のように形を変え、彼の手の動きによって淫靡に形を変える。ふにふに。彼は、ピアノを弾くような手つきで何度も乳房を揉みこんできた。
「ふ、ぁ……、んっ」
 先ほどよりも、もっと甘くなった自分の声に耳を塞ぎたくなる。が、それよりもレナードの大きな手によって弄ばれている自分の乳房を見ているほうが恥ずかしかった。
 もう、耐えられない。
「も、もう、……いい?」
 瞳を涙で濡らしながら、レナードを見上げて懇願する。しかし、彼は首を縦には振らなかった。それどころか、丹念に揉んでいた乳房はそのままに、もう片方の乳房に顔を近づけていく。
「え、レナード、や、あの」
 シンシアの制止など聞くわけもなく、彼は勃ちあがり始めた乳首を口の中に入れた。
「ひゃ、ぁ、あぁっ」
 乳首がぬるりとした感触に包まれ、背中が弓なりになる。意識も快感も、すべてが乳首に集まっているようだった。赤ん坊のようにそこへ吸いついたレナードが、口の端を上げてほんの少し乳首から唇を放す。
「……硬くなってきた」
 レナードは嬉しそうに硬くなった乳首を舌先で揺らした。それは硬さが増しているせいか、すぐに元の位置に戻ってしまった。卑猥な動きを見せる舌先に弄ばれる己の敏感な部分を見せつけられて、耐えられない。
「あぁ……っ、やぁ」
 ちゅっちゅっちゅ、と乳首を断続的に吸われて身体が跳ねる。甘い痺れが乳首から身体全体へと巡っていくのがわかった。
「あぁ、あ、……んぅ……っ」
 両方の乳首を、舌先と指先で嬲られ、どうにかなってしまいそうだ。いやいやと首を振って快感から逃げようとするのだが、レナードが身体を押さえつけているせいで、どうやってこの快感に耐えればいいのかわからない。ぎゅぅっと手元にあった何かを握りしめることしかできなかった。
「ん……、いやらしいな」
 レナードは上半身を起こして、シンシアを見下ろした。好きなだけ乳首をしゃぶったせいか、てらてらと乳首が光っている。あのときとは全然違う彼の甘い手つきに、意識は蕩けたままだ。レナードから与えられるいやらしい愛撫に、荒くなった呼吸を整える。押さえつけられていた手は、いつの間にかなくなっていた。
「レナー……ド」
「そんな声で呼ぶな。……理性が焼き切れてしまいそうになる」
 苦笑を浮かべたレナードが、シンシアの右隣に横たわる。
「シア」
 甘く、呼ばれた名前に応えるようにレナードを見上げた。自然にたまった涙が、顔を少し傾けたことによって眦から流れ落ちる。彼の顔が、ゆっくりと下りてきた。瞼を閉じて彼の唇を受け入れると甘い吐息が交じり合う。
「んぅ……、ん」
 舌を絡ませてくるレナードに合わせて、シンシアも自然と舌を動かしていた。おずおずと舌先でレナードの舌に触れるとちろちろと舐めてくれる。そして彼の手は、静かにシンシアの肌をなぞっていた。鎖骨から、乳房。勃ちあがっている乳首を指先で弾いたり、つまんだりを繰り返し、腰が跳ねるシンシアの反応を楽しんだあと、みぞおちから腹部へ。流れるような自然な動きで肌の上を撫でていく。
「シア、舌出して」
 唇を離したレナードの囁きに、素直に舌を差し出す。嬉しそうに微笑んだ彼の笑顔に、心がきゅっと締め付けられた。さっきから、彼の声やその仕草に、何度も心臓が締め付けられる。しかし、それはすぐに絡んできた舌先から生じる快感に、取って代わられた。
「……ん、んむ、んんっ」
 ちゅくちゅくと互いに舌を吸い合っている間に、レナードの手がナイトドレスの裾を上げ、曝け出されたシンシアの太ももを撫であげ──秘部へ。
「っ!?」
 びくりと跳ねたシンシアを優しく労るように、レナードはくちづけをしながら頭を撫でてくれた。それでも最初の痛みを思い出し、無意識のうちに小刻みに震えてしまう。レナードは唇を離して顔中にくちづけていく。
「大丈夫。……大丈夫だから」
 シンシアの恐怖を優しく包み込むようなくちづけに、少しずつではあったが余分な力が抜けていった。それを察したのか、レナードの指先がそっと割れ目を撫でる。
「ひゃっ」
 ぬるりとした感触に、思わず声があがった。
「あぁ……、もう、こんなにしていたのか」
 上下にこすられると、さらに奥から溢れてくるのがわかる。レナードの指先が隠れていた花芽を探りだし、そこを小刻みにこすった。
「や、ぁあああっ、ん、んっ」
 言葉にならない刺激で、はしたない声があがる。思わず彼の腕にしがみついてしまった。
「んんっ、レナード、そこ、なんか……、変……っ」
 びくびくと身体を揺らしながら、レナードを見上げるが、唇を塞がれてそれ以上のことは言えない。彼の指先が花芽を存分に擦ったあと、どっと溢れてきた蜜に逆らうようにして、彼の指が蜜壺にゆっくりと入ってくる。
「ん、んーっ、んんっ!!」
 ナカを押し広げて入ってくる感覚に最初は恐怖を感じていたものの、指先が入ってくる摩擦によって、敏感になっている内部に快感が生まれる。指が根元まで入ったときには、痛みや恐怖といった感情は快楽に変わっていた。
「レ、レナード……、何か、入って……」
「俺の指が、シアのナカに入ってる」
 いつもシンシアの頬や頭を優しげに撫でる、あの綺麗な指が自分のナカに入っている。それを想像して、思わずレナードの胸元に顔を埋めてしまった。
「どうした……? きゅって絡みついてきたけど」
 レナードの言葉で、さらに顔を上げることができなくなった。ただふるふると首を横に振ってレナードの胸元に顔を押しつけた。
「かわいいな」
 また、そんな声を出すものだから心臓がきゅっと締め付けられる。
「……そういうところ、昔から変わってない」
 レナードがくすっと笑った直後、ナカに入っていた指が動き出す。
「んっ、ん」
 ぐちゅぐちゅと淫猥な水音を室内に響かせながら、レナードは指淫を続けた。
「シアの蜜が溢れてきて、俺の指が溶けてしまいそうだ」
 囁くレナードのいやらしい言葉にいやいやと首を振る。しかし、彼は指を動かすことをやめない。シンシアのこめかみにくちづけて、耳元で何度も名前を呼んだ。
「シア……、ああ、シア。すごく溢れてくる」
「やぁ、ちが……ッ、あぁ……!!」
「やっとかわいい声が聞けた」
 嬉しそうに微笑んだレナードが、胸元から顔を上げたシンシアの唇を塞ぐ。
「んんぅ……っ!」
 ぐちゅぐちゅとナカをかき回されて、その摩擦から快感が生まれ、甘いくちづけがその快感を膨れ上がらせた。何かが後ろからシンシアを追いかけてくる。ナカからは、シンシアの意思とは逆にどんどん蜜が溢れてきた。ぐちゃぐちゃとかき回されて水音が大きくなっていく。
「あ、あぁっ、レナード……、やぁ、なんか、……んんっ」
「我慢しなくていい」
 レナードは受け入れろと言うが、シンシアは何を受け入れたらいいのかわからない。ただ、迫ってくる“何か”に耐えるだけ。泣き濡れた瞳で見上げた彼は、いつもより“男”に見える。もしかして、興奮しているのだろうか。そう思うだけで、シンシアの心になんとも言えない嬉しさが広がった。
「シア、腰が動いてる」
 耳に吹き込まれるいやらしい言葉に、さらに腰が跳ねる。
「やぁ……っ」
 理性が快感の海で溺れ始める。もう、シンシアを引き止めるものは何もない。
「締まってきたな……。いいよ、シア」
「んんっ、レナード、レナード……っ」
「──達け」
 甘い声で囁かれる、でもその意味はわからない。考えられない。だったら、わからないものはわからないままでいい。溺れた理性が沈んでいく。レナードは指淫を激しくし、シンシアは彼のシャツを掴む手を強くした。
「やぁっ……、こわ、い……っ、あぁ……ッ」
「ちゃんと俺がそばにいる。大丈夫だから、おかしくなっていい」
 まるで、どんなシンシアでも受け止めるとでも言うように、優しい声が落ちる。シンシアが受け入れられない自分を受け止めると言う彼を信じた瞬間──、視界が白く弾けた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション