新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

身代わり花嫁の献身

本を購入

本価格:620(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:620円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

愛してる。ずっと君が欲しかったんだ

身代わりの花嫁としてレオンハルトと共に過ごすカティア。王女が見つかった今、去らなければならないけれど――王子を愛してしまった。別れの前にせめて思い出が欲しい。「神の御前で愛を誓ったのは“我々”だよ」舌を搦め捕られる口づけ。巧みな指に敏感な場所を弄られると、理性も蕩けて。愛の行為を受け容れ、一生分の想いを胸に故郷へ帰ったカティアを王子が追ってきて……!
ジャンル:
西洋
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
玉の輿・身分差 | 政略結婚 | 野外
登場人物紹介

レオンハルト

デュイス国の皇太子。ベスレム国の王女と結婚することで王位に就くことになっているが……。

カティア

母と二人、慎ましやかに暮らしていたが、レオンハルトに出会い、ベスレムの王女にそっくりだと言われ……?

立ち読み
レオンハルトに熱っぽい眼差しで見下ろされると、胸が締め付けられてしまう。そして、秘所が何を求めて疼いているかわかった今、切望するあまり自尊心を無視した。
「君を辱しめたい。今、君が私にそれを許せば、あとで嫌だと言っても、止めない」
「ええ……」
カティアは片方の乳房を舐められた瞬間、息を止めた。乳首を咥えられ、体の芯がかっと熱くなる。仰け反らせた体がレオンハルトに押さえつけられると、彼女は彼が支配者ということを即座に思い出した。しかし、そんな思考も彼が乳首に思い切りしゃぶり付いた途端、霧散した。
「尖ってきたぞ、カティア……」
「見ちゃ、だめ……」
陽光の下では、濡れ光るピンクの突起の立ち具合から、肌に光る産毛さえ見える。見るなと言われても、その美しい光景からは目が離せない。
カティアの肉体が敏感に反応しているのが嬉しく、レオンハルトは再び激しく乳首を吸い上げた。ちゅぱちゅぱと濡れた音が聞こえると、カティアの全身は羞恥に燃え上がる。
「は、ぁあん、だめっ、あああん」
レオンハルトの肩を掴み、溜め息まじりに同じ言葉を繰り返す。彼が頭を上げた拍子に、胸の頂が微かな音を立て解放された。全身がびくんと引きつり、もう片方の乳房が、ふるりと揺れる。 
「こっちが寂しがっているな……」
彼は唾液に濡れた突起を指で軽く摘んでしごき上げ、今度は反対側の乳首を口に含む。それを口内で転がし、根元に甘く歯を立てたまま、先端で舌をそよがせる。 
「ああっ、すごい…っあ、あっ、あん……あんっ」
思わず高い嬌声を上げてしまったカティアは、恥ずかしくなってすぐに手で自分の口を塞いだ。
「だめだ、その声を、聞かせてくれ」
レオンハルトは手首を掴んで彼女の口から手を外し、唇を重ねていく。そして、もう一方の手でゆっくりと乳房を揉みながら舌を絡ませる。
「むふ、んくっ、むっ、んんん」
彼は両手で乳房を揉んだり、指で乳頭とつまみ上げたりを繰り返しながら、これでもかとカティアの舌を凌辱した。
「荒々しく悪魔のように振る舞っていいのか? カティア、君はそれを求めるのか?」 
レオンハルトの声音は真剣で、カティアは却ってそれを不思議に感じた。──私がそれを求めていないと思うの?
「レオ……私はあなたになら何をされても嬉しいわ」
心からそうしてほしいと願った。レオンハルトという嵐に翻弄され、巻き込まれ、全てを奪われて彼の一部と化したい。
レオンハルトの瞳が劣情に色濃くなった。彼はカティアの手首を掴むと頭上に押し付けた。むき出しの胸に風が吹き付け、カティアは自分が全く無防備だと思い知らされた。
「その言葉……私は忘れない。覚悟しろ」
覆い被さってくるレオンハルトの、手首に掛かる力には荒々しさが感じられたが、カティアは恐れではなく、期待に身を震わせた。
「君を貪り尽くしてやる」
レオンハルトはそう言うと、乳房に、下腹部にキスの雨を降らしながら、どんどん下へ移動していく。
「いい……わ……」
半開きになった唇から、甘い声が漏れ始める。
何か未知のものが迫ってくる予感にカティアが腿を開き、膝を曲げて腰を突き上げると、レオンハルトの手がさらに膝を左右に押し広げ、その間に顔を埋めて来た。
「はぁ……ぅっ」
レオンハルトの形のいい鼻先が恥毛を擦り、花唇に熱い息を感じた途端、カティアの体が跳ね上がった。レオンハルトの力強い舌が、秘裂を割り広げるようにぬるりぬるりと這い回る。うねる快感に翻弄され、腰を捩るとがっちりと太腿を抱えられ、さらに彼の方へ引き寄せられる。
「ンッ、あンンッ………」
襞の間を一舐めされるごとに、体の奥から官能が引きずり出され、いつの間にかカティアの腰は舌の動きに合わせるかのように、上下に揺れていた。
──ああっ。
突然、指の腹で淫芽を覆う皮を剥かれたと思うと、つるんと飛び出た突起を舌先でちろちろと舐め回された。カティアはその鮮烈な刺激に背中をしならせ、喘ぎ続ける。絶え間なく打ち寄せる快感に下腹が波打つ。
「凄く濡れているな……」
「いやぁ……」
カティアが腰をくねらせた脚の間でレオンハルトは体を起こし、真っ白な太腿を抱え上げた。彼は悩ましげに眉を寄せ、歯を食いしばり、昂りの先端で濡れた場所を優しく探っている。刹那、ぐちゅりとねじ込まれた熱く、鉄のような楔が肉をみりみりと押し開く感触にカティアの肌はぞくぞくと粟立った。
完全に満たされるまでの時間が永遠に感じた。カティアは、丸い先端が粘膜を擦っていく甘美な刺激に陶酔し、反らした喉を鳴らす。
「ああ……」
ずんっと、重い衝撃が最奥に響いた次の瞬間、レオンハルトは闘牛のごとく荒々しく突きはじめた。摩擦する粘膜と粘膜がぐちゅぐちゅと音を立てる。先端が抉るように動き、子宮をリズミカルに突き上げる。 
「ああっ、奥に……っ、っは……あっ、あ、あっ」
純然たる興奮──大自然の中で、ただの雄と雌になり、本能のままに愛を貪る。なにもかもが刺激的だった。レオンハルトが低く唸りながら腰を引いては、何度も身を沈める。彼もまたカティアの媚肉の強烈な締め付けに翻弄されていた。
「うぅっ……カティア、凄くきつい……」
腰が激しくぶつかり合う。快楽の極みに向かって一直線に進んでゆく。「カティア……私の、カティア……」呼びながら細い腰を抱き、レオンハルトが首筋に唇を這わせ、甘く歯を立てる。充血した隘路に剛直が暴力的に分け入ってくる。抽送が次第に大きく強くなっていく。彼に突かれるたびにカティアの中で愉悦がどんどん高まっていき、瞬く間に絶頂が近くなる。
レオンハルトはカティアを押し戻して深々と貫き、ついに爆発した。彼女は身を反らして絶叫を上げた。カティアの、朦朧とした視界の中で、レオンハルトは息を切らしながら体を両腕で支えて彼女を見下ろしていた。
「愛しい人、さあ、うつぶせになって」
彼は息を弾ませながら優しく言い、彼女の顎から首筋にかけてキスをまぶした。カティアは肘をついて起き上がり、まだぼうっとしながら小首を傾げ、レオンハルトを見た。
「うつぶせ?」
カティアは身をよじって皺になった上着の上で彼の言いなりになると、肩越しにレオンハルトを見た。「こう?」
その従順なカティアの姿があどけなく、レオンハルトの胸は締め付けられた。童貞を捨てたのは最近だというのに、自分はカティアを大胆にリードしている。彼女を愛しているはずなのに、徹底的に従属させたい。これが男としての本能なのだろうか。
彼はカティアの腰を掴んで尻を高く突き出させた。これから何が起こるのかすでに察したのだろう。
「恥ずかしいわ……」
カティアは俯き、逃げるように腰を揺らした。
陽光が降り注ぐなか、あの勝ち気なカティアが四つん這いになっている。背を少し反らして、肉付きの良い尻を色っぽく掲げている。無防備に、おびただしく濡れた女の部分を晒している。
「大丈夫だ。私以外、誰もいない」
カティアは赤面した。これでは彼に丸見えだ。もちろん以前にも見られたことはあるのだが、その時は月夜だった。だが今は白昼だ。そう思っているうちにも、レオンハルトは、尻の双丘に両手をあてがい、思わせぶりに撫で回してきた。その淡い刺激に肌が粟立ち、体の奥がざわめいた。
目の前の可憐な花を眺めながら、執拗に尻を撫でられ、揉まれるカティアの動悸は乱れていく。野外で肌を重ねる事が、これほど興奮するものだとは思わなかった。
吹き付ける乾いた風と、ほのかに漂ってくる草いきれや土の匂いに、野生の本能が目覚めていくようだ。
そしてまた、神が作り上げたこの自然の中で浅ましく欲望を貪るだけの行為に耽る背徳感に、さらなる興奮を煽られているのも確かだった。
「ん……、は、早く……レオ……」
カティアは蕩けきった瞳を向け、甘えるように呟いた。尻肉を揉みながら、割れ目のきわを思わせぶりに通り過ぎる指がもどかしい。
「カティア……」
彼はついに亀頭の先端を蜜を溢れさせる花弁の間に埋め込んだ。ヌプッという粘着な感触とともに、濡れた襞の間にそれはやすやすと埋まっていく。
彼の滾る肉芯が入ってきて、カティアは息を呑んだ。じっくりと中を犯され、狂おしいほどに体が疼く。すでに散々に貫かれ、彼に従順になった媚肉が男根をつるつると呑み込んでいく。
「あふっ……は、入ってくる……」
カティアの薄く開いた唇から、ため息まじりの声が溢れ出す。亀頭が深く潜り込むほどに背中が弓なりになり、丸い尻に歓喜の鳥肌がぞわぞわと広がった。
「ぁああ……」
「……っうぅ……は……っ」
レオンハルトは桃のような尻を抱え込み、ついに己を根元までずぶりと挿入させた。絡みつくような感触が強烈で、歓迎された勃起全体がきゅんきゅん収縮する膣肉に絞り上げられる。
そのまま腰は動かさず、彼女の背中に覆い被さる。髪を掻き分けてうなじにキスをし、舌を這わせながら、両手を前に回して乳房を揉みしだいた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション