新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

新婚白ハート夜想曲 王太子殿下の溺愛衝動

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

激甘生活
注意報
発令中

憧れていた大国の王太子ジークヴェルトと結ばれて幸せな新婚生活がスタート!「可愛いね、愛しいフィオリーネ」優しい言葉とキスで身体をほぐされ、敏感な尖端を執拗に弄ってくる指先。白い肌を味わうように舐る舌。力強く抱きしめられ、愛を交わす恍惚に、無垢な若妻は身も心も溺れてしまう……。甘く淫らな日々を過ごすなか、王家を揺るがす大事件が!? 甘ラブ満載の新婚物語!
ジャンル:
西洋
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
新婚 | 甘々・溺愛 | 媚薬 | お風呂・温泉
登場人物紹介

ジークヴェルト

潔癖症の大国王太子。フィオリーネを溺愛しており、自分の城へ連れ去るようにして結婚する。

フィオリーネ

ジークヴェルトに想いを寄せる王女。自国の城へ戻る途中に突然、結婚が決まる。

立ち読み
「……許さないよ。私は、深く傷ついている」
寝間着の前を留めているリボンが彼の指によって解かれる。
「で、殿下……あ、あの」
「私は君を愛しているから、生涯共にいたいと思う。この気持ちはやはり変えられない」
耳元でそっと囁かれると、距離を置いて聞かされるよりも直接心に響くような感じがした。
シルク製の寝間着の裾を捲り上げられ、太腿を撫で回される。
「……愛している……フィオリーネ……」
愛しているという言葉は全身を痺れさせる甘美な囁きだった。
寝間着の前をはだけさせられると、獣性みなぎる彼の視線が肌を舐め回すように眺めている。
まるで獣のようだ──とフィオリーネは感じてしまったが、恐ろしさは感じなかった。
「抱くからな」
フィオリーネが承諾する前に、彼は早々に自分が着ていた服を脱ぎ捨てる。
鍛え上げられた男性らしい美しい身体が、彼女の目の前で露わになった。そしてその下腹部ではすでに猛々しく天を向いた男性器が、ジークヴェルトの興奮を表すように大きく膨らんでいる。
彫刻でできた男性の裸身像のそれとは形がまるで違う。
美しい顔や身体とは違って、その部分だけやたら凶暴そうに見えてしまっていた。
「あぁ……フィオリーネ……」
着ているものは彼に全て脱がされた。その直後、唇を奪われ、そしてその唇は離れることなく彼女の唇を貪り続ける。
最初に出会ったとき以来の口付けだとぼんやりと考えていると、彼の舌が口腔内に入り込んできて、ぬるい舌が彼女の内側を動き回った。
「ん、う……う、ん」
やがて舌が絡み合い、ジークヴェルトが彼女の舌を何度も吸い上げてきた。
他人に舌を吸われる感触を不思議な感じだと思いながらも、フィオリーネは興奮を覚えさせられていた。
「ん……ふ……ぁ……あ」
「可愛い、声」
絡み合っていた舌はいつの間にか解かれていて、彼の唇はフィオリーネの耳元にきていた。低い声で囁かれると、それだけでどうにかなってしまいそうだ──と彼女は感じていた。
彼を見上げたが、何故だか焦点が合わず呆けてしまう。
ぼやけてジークヴェルトの顔があまりよく見えない。どうにも心許なくて手を伸ばすと彼の腕が身体に回されて抱きしめられる。
素肌が触れ合い、体温を感じれば安堵する。
「……殿下、わ、たし……」
「愛しているか?」
告げたかった言葉を先回りして囁かれて、フィオリーネは頷くしかなかった。
どんな理由があっても、彼とは離れたくないと、彼女は強く思わされてしまっていた。
強い決意があったはずなのに、脆くも崩れた感情。
今はまた振り出しに戻っていて、再び、最初に願っていたように、彼に欲されたい、望まれたいと思ってしまっている。
短い口付けの後、ジークヴェルトが花芯にそっと触れてきた。
「あ……っ……ん」
花芯に触れられれば甘い感触がそこから広がっていく。
「待ってください……それ、何か……変な感じがして……」
「いいんだ、わざとしているのだから」
「い……ぁ……あぁん……ジークヴェルト……殿下」
抱きしめ合っていた腕の力を強めて、フィオリーネは切なげに彼の肌に自分の肌を押しつけた。
「可愛いね……」
ジークヴェルトは花芯に触れる行為は止めないままに、フィオリーネの濡襞の中に指を挿し込んだ。
「あっ……あぁ……!」
「凄い……ぬるぬるしていて、温かいね……だが……狭くて、きつい……な」
「で、殿下……ぁ」
「痛いか?」
痛いかと問われれば、そういった感触がなくもない。
けれど耐え難い痛みでもなかった。
彼が触れたいと思ってくれているのなら、どんな場所でもジークヴェルトの気が向くままに触れて欲しかった。
「だ、大丈夫です……」
花芯が擦られて生まれる快楽と共に、内側に入り込んでいる彼の指の動きにフィオリーネは翻弄される。
なんだか、彼と抱きしめ合っているせいで、知らず知らずのうちに擦れてしまっている乳首からも快感が生まれてきているようで、自分の身体ではなくなってしまったように、フィオリーネには思えていた。
自分の身体はこんなふうに、彼が少し触れるだけで、快感を覚え快楽に溺れる身体だったのだろうか?
「あ……あぁ……ああっ」
フィオリーネがあげる悩ましげな喘ぎ声を、ジークヴェルトは微笑みながら聞いている。
「中が少し、柔らかくなってきた……もう少し、増やしてもよさそうか」
一本だった彼の指が二本に増える。
きつくて苦しい。
そう思ったのは初めだけで、やはり身体はすぐに慣れてしまった。ぬるぬると出入りする彼の指でさえ、徐々によいと感じるようになってきていた。
「ジークヴェルト殿下……ゆ、指……ン……ぁ」
「痛いのか?」
身体がぶるぶると震えてしまう。
フィオリーネは今まで知らなかった快楽を、どんなふうに自分の中で消化すればよいのかわからずにいた。
「中が……あ、つくて……」
フィオリーネの言葉を聞いたジークヴェルトは意地悪そうな笑みを浮かべる。
「私は君が欲しい」
指を中に挿し込まれ、かき回され続けると、蜜の分泌量が一気に増えて臀部を伝い、シーツを濡らす。
「あぁ……凄いね……ここはこんなに溢れるほど濡れるものなのだな。どうしてなのだろうね?」
彼からの質問が、意地悪でそう言っているのかそうではないのかがわからない。そもそも、フィオリーネにもどうしてそうなってしまうのかがわからないものなのだから、答えようがなかった。
「わ、わかりま……せん」
「欲しがってくれているわけではないのか?」
ちろちろとフィオリーネの耳を舌先で舐めながら、彼がそんなことを問いかけてくる。
太腿には熱くて硬いものが当たっていて、その感触に何故かひどく興奮を覚えてしまった。
(この感覚が、欲しがると……いうものなの?)
彼を見上げれば琥珀の瞳が誘うように魅惑的な色に染まっている──ように感じられた。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション