新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

旦那様が絶倫すぎて困っています

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

まだまだ愛し足りないよ

「ずっと我慢してたんだ」幼馴染みと結婚した令嬢ティナリス。清い関係を続けてきた反動なのか、夫のミルドレッドが野獣に豹変!? 「眠れるなんて思わないでね?」何度イッても萎えることのない猛々しい欲望に翻弄される。失神するまで求められる毎日は嬉しいけれど、身体が保たないかも……? 溺愛される新妻の淫らな悩み! 月神サキが贈る糖度最高点の極上新婚ラブストーリー!

ジャンル:
西洋 | ファンタジー
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
幼馴染・初恋の人 | 甘々・溺愛 | 新婚 | 媚薬 | 野外
登場人物紹介

ミルドレッド

ティナリスが好きすぎる公爵。結婚までは我慢していたけど、かなりのベッドヤクザ。毎日朝までやり続けているのに普通に仕事にいく強者。

ティナリス

ずっと好きだったミルドレッドと念願の結婚。でもミルドレッドが性豪すぎて悩んでいる。

立ち読み

「っ! ああっ、もうティナってば可愛すぎる!」
「ひゃっ……んんんっ」
 強い力で抱きしめられ、唇を塞がれた。それだけではなく強引に舌がねじ込まれる。
 どきりとしながらも、私はそっと口を開いた。
「んっ……ん」
 ねっとりとした肉厚の舌が私の口腔を確かめるようになぞり、擽っていく。
 ねちょねちょとした唾液の音が聞こえ、頭の芯を痺れさせていった。
 ミルドの舌が私の舌にまるで生き物のように絡み、扱き上げていくのが妙に心地よい。
「っ……んんっ……ふぁっ」
 これが恋人同士、夫婦が交わす甘くも深いキスなのだ。初めてのディープキスに私は酔いしれ、自分から積極的に舌を差し出した。
 お互いの官能を引き出し合う口づけは酒精に酔ったかのようにクラクラし、全身が痺れるようだ。嫌がるどころか積極的に応じる私を見て、ミルドが嬉しそうに目を細める。
 片手を伸ばし、再び胸を愛撫し始めた。
 最初は緩く、だけど私が反応を見せ始めると、徐々に刺激を強くしていく。
「ふ……んっ……ああっ……ミルドっ」
 乳首を二本の指で摘まみ上げられると、身体の奥に尿意にも似た痺れが湧き起こる。
 逃げ出したいような気持ちにもなったが、心底幸せそうに微笑むミルドを見ていると、そんな気も簡単に失せてしまう。
 深いキスを飽きることなく交わして胸を弄られていると、身体の中心からとろりとしたものが滲み出てきたのが自分でも分かった。
「んっ……」
 それを隠したくて足を閉じようとしたが、ミルドが足の間にいたので不可能だった。
 もじもじと腰を揺らしていると、それに気づいたミルドが笑みを浮かべ、そっと下着越しに触れてくる。反射的に逃げようと身体が反応したが、私は必死で耐えた。
「ティナ……嬉しいよ、こんなに濡らして。俺に感じてくれているんだね」
「ひ……あっ」
 下着の上から蜜口を軽く押さえられ、恥ずかしさのあまり声が漏れる。
 ミルドは身体を起こし、私の足を少し広げさせた。
「ああ、君の形が下着越しにもはっきりと見えているよ。これじゃあもう下着を穿いている意味がないね。良い子だから脱ごうか。少し腰を浮かしてくれる?」
「う、んっ……」
 交わるのだから、脱がなければならないのは分かっていた。ミルドの言葉に頷き、震えながら腰を浮かせる。下着に両手が掛けられ、すぐにするりと脱がされてしまった。再度足を開かされる。恥ずかしかったがぎゅっと目を瞑り、ミルドのされるがままになった。
 ミルドは私の秘部を見つめ、ほうと息を吐く。
「これがティナの……綺麗なのに、すごくいやらしい形だね。見ているだけで興奮してくる」
「うう……も……恥ずかしいっ……」
 すっと蜜口にミルドの指が当てられる。初めての感触に、腰が跳ねた。
「ティナの零した蜜でドロドロになっているよ。俺を受け入れる場所もすっかり口を開いているね。俺が欲しいってびくびくしてる……可愛い」
「ひゃっ……ひっ」
 濡れた蜜口をミルドの指がなぞっていく。恥ずかしいのに、気持ち良い。だけど緩い刺激ではなんだか物足りなかった。
「ミル……ド。あの……」
 入口だけをさわさわと触れられるのは焦らされているみたいでとても辛い。
 私の言いたいことを察知したミルドは意地悪く笑った。
「ん? 物足りないの?」
「え……えと」
「ちゃんと言ってよ。でないとティナのして欲しいこと分からない。もっとちゃんと触って欲しいの?」
「う……うん」
 真っ赤になりながらも頷くと、ミルドの笑みが嬉しそうなものへと変わる。
「最初からお強請りしてくれるなんて、俺の奥さんはエッチだなあ」
「あ……ごめん、なさい」
 淫らな女だと思われたと私はさっと顔を強ばらせた。そんな私の頬に手を当てたミルドが大丈夫だと言い聞かせるように口を開く。
「だからさっきからどうして謝っちゃうかなあ。男にとってエッチな奥さんなんて憧れ以外の何物でもないんだよ? それにティナは俺が好きだから触って欲しいって思うんでしょう? 嬉しいって思いこそすれ嫌だなんて思うわけがないじゃないか」
 ちゅっと優しくキスをされ、ほっとした私はそのまま誘うように口を開いた。ミルドの舌がするりと侵入してくる。蜜口の周りを撫でていた指が少し上にある小さな突起に触れた。
「んんんっ!」
 突如走った突き抜けるような痺れに、私はびくりと身体を硬直させた。だけどミルドは行為を止めない。更にと言わんばかりに、突起──陰核に触れ、先程よりも深いキスを仕掛けてきた。まるで喉の奥にまで舌が押し込められるような錯覚さえ感じながらも、私はミルドを抱きしめた。くるくると陰核を優しくこね回されるとその度に腰が淫らに揺れる。
「ふぁっ……んんっ」
 陰核を刺激される度、身体の奥から何かがとろりとろりと滲み出る。
 舌先をじゅっと吸われ、顔が離れると、今度はぷるぷると震えている胸の先を口に銜え込まれた。
「ひぅっ……」
 強く吸われ、舌で乳首を舐め転がされる感覚に翻弄される。
 陰核を同時に弄られると、叫び出したいようななんとも言えない感覚が身体の内側からむくむくと湧き上がってきた。
「あーっ……あーっ……やぁ……」
「ん……気持ち良いの? ティナ。さっきから身体がびくびく震えてる。もしかしてイきそうなのかな」
「ひぅ……」
 ミルドの言葉に、これが達する時の感覚かと思うも、快感の奔流に呑まれて言葉にならなかった。確かに気持ち良いのに、なのに辛くて、私はミルドに組み敷かれながら身体を捩った。
「やあああ……ミルド、怖いのっ」
「大丈夫だからそのまま達して? 一度イくことを覚えたら、何度でもイけるようになる。そうしたらすごく気持ち良くなれるよ」
 私を早くイかせようと思っているのだろう。ミルドが陰核を弄る力が少し強くなった。先程までは優しく触れてくれるだけだったのに、その場所をきゅっと摘ままれ、私は呆気なく達した。
「あ、あ、あ、あ……!」
 上り詰めたものが一度に弾ける感覚。
 頭の中が真っ白になり、身体の力が抜ける。荒い息を吐く私にミルドが嬉しそうに言った。
「ティナのイき顔、可愛かった。俺だけが見ることができる特別な顔だね」
「はぁ……んっ」
「ちょっとだけ我慢して。指、入れるから。一回イったから、指くらいなら入ると思うんだけど……あ、大丈夫そうだ。痛い?」
「だ、いじょうぶ」
 蜜口にミルドの人差し指が埋められる。異物感に顔を歪めたが、痛みは感じなかった。先程達した名残なのか、私の中は何かを締め付けるような動きを繰り返している。
「うわ……中がうねってる。熱いくらいだ」
「や……」
 ゆっくりと指を出し入れされる。痛みはないが特別気持ち良いというほどでもない。陰核を弄られる方がよほど気持ち良かったくらいだ。感覚も鈍くて、何かが中で蠢いているようにしか思えない。
「ティナは初めてだからね。まだ中で感じられなくても仕方ないよ。だけどちゃんと中でもイけるようにしてあげるから。まずは俺のを挿れられるようにティナのちっちゃいここ、広げようか」
 ミルドの言葉のすぐ後に二本目の指が入ってきた。くるりと回すような動きに、少し腰が浮く。さほど苦労せず二本目の指が中に入った。ミルドが慎重に蜜口を広げるような動きをする。
「かなり柔らかくなってきたけど、痛みはある?」
「痛くはないけど変な感じ……」
「じゃあ、これを追加したらどう?」
「追加? んああっ、やあ……」
 空いている方の手で、陰核を弄られた。突如襲われた激しい快楽に、私の身体は素直に反応する。
「あ、やっぱりこっちの方が良いみたいだね。それならここも一緒に弄ってあげる」
「んっ……ひぅんっ」
「背中を震わせちゃって可愛いなあ。……ああ、もう限界。こんな可愛いティナをずっと見せられてこれ以上我慢なんてできないよ。ティナ……もういい? ちょっと早いかもしれないけど、俺を受け入れてくれる?」
「ん……」
 蜜口から指を引き抜かれる。ミルドが顔を覗き込んできたので私は頷いた。
 いよいよだ。いよいよミルドに抱かれるのだと思うとドキドキしてきた。
 私が同意したことを受け、ミルドがバスローブと下着を脱ぎ捨て全裸になる。
 私の両足を抱え、蜜口に自分のものを押し当てた。
 どくどくとした熱い感触に、ぴくりと腰が揺れる。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション