新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

ヴァンパイア・プリンセス

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

俺は全部、お前のものだ。

それは恋という名の呪い――。ヴァンパイアにして淫魔、吸血姫ファウスリーゼが持つ能力は、死体を「屍鬼」として蘇らせ、同時に「彼女に恋情を抱いてしまう」という呪いをもたらす。偽りの恋心を抱く美しき屍鬼たちにかしずかれた彼女が、ただ一人だけ躰を許した傲岸不遜な屍鬼・真木名逸輝に秘められた究極の愛とは――!? 人気作家水戸泉のパッションがほとばしるハードラブ!

ジャンル:
ファンタジー | 現代
キャラ属性:
| オレ様・S系 | クール
シチュエーション:
幼馴染・初恋の人
登場人物紹介

ファウスリーゼ・フォン・ザワークシュタイン

千年の時を生きるリリスの少女。自らの感情をあまり表には出さず、毅然とした態度を守っていたが……。

真木名逸輝

ファウスリーゼの屍鬼で元傭兵。傲岸不遜な性格で、ファウスリーゼと躰の関係を持つ。

内藤波留

ファウスリーゼによって屍鬼にされた平凡な高校生。穏やかで落ち着いた少年。

繻宇司鳴瀬

ファウスリーゼにかしずく屍鬼。冷徹な性格で屍鬼たちを差配するが、その内心は……。

立ち読み

『俺があんたのこと、嫌いだとでも思った?』
そう言われた時、ファウスリーゼは言葉が出なかった。どんなに冷たい態度を取っても、真木名(まきな)が自分を愛していないはずがない。
なぜなら彼は、ファウスリーゼが蘇らせた屍鬼だからだ。
どのみちその愛情は、彼の本心ではないのだ。ただ意思をなくしているだけの、偽りの愛だ。
ファウスリーゼは恋をしたことがない。
まだほんの少女のうちにリリスと化した自分には、恋をする資格がない。屍鬼から寄せられる愛情は単なる生存本能だし、屍鬼ではない普通の人間と恋をすることなどあり得ない。普通の人間の目から見たら、自分はきっと化け物のように見えるだろう。そう信じているファウスリーゼに、恋はできない。
キスならば屍鬼を生み出すために何人もとしてきたけれど、真木名のキスは特別だった。
「……ン……ッ」
顔を背けようとすれば、顎を掴まれ引き戻される。屍鬼に限らず、ファウスリーゼにそんな仕打ちをした男は千年の間でも真木名だけだった。
「こ、の前も」
息が乱れて、言葉が途切れる。
「した、ばかり……っ」
「燃費悪いんだよ、俺」
燃費、という言い方に腹が立って、ファウスリーゼは真木名の足を蹴った。蹴られても真木名は、楽しげに笑っている。くくっ、と低く漏れる忍び笑いが、ファウスリーゼの耳を擽る。
真木名の腕に強く抱きしめられて、ファウスリーゼの爪先は宙に浮いた。身長差がありすぎるせいだ。
「……っ……」
ファウスリーゼはまた息を詰めた。抱きしめられると躰が竦む。構わず真木名は、ファウスリーゼをベッドに運ぶ。
密着した真木名の胸からは、とくとくと規則正しい心音さえ伝わってくる。その音をファウスリーゼは、切なく聞いた。
こんなにも温かいのに、彼はもう死んでいるのだ。彼だけではなく、この屋敷にいる者たちすべてが。

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション