新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

黒椿姫 雷鳥の暗殺者と公爵令息

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:533円(税抜)

獲得ポイント:5pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

魚住ユキコ、初の完全オリジナル乙女小説書き下ろし!

殺すのも愛すのも同じこと――。自分の命を狙ったことで処刑されるはずだった暗殺者レイフェンを、従者として雇った王女エルダ。暗殺者と暗殺対象の奇妙な生活が続くなか、腹黒で野心家の公爵令息ヒースコートがエルダに求婚! 強引にエルダを奪おうとする彼の前に、なんとレイフェンが現れて――!? ベストセラー作家・魚住ユキコ、初の完全オリジナル長編小説がついに登場!

ジャンル:
ファンタジー | 西洋
キャラ属性:
| クール | 王子・王族・貴族
シチュエーション:
玉の輿・身分差 | 政略結婚
登場人物紹介

エルダ

人間不信でひねくれた性格の王女。王位継承権を持つゆえ、暗殺未遂に晒され続けている。

レイフェン

かつてエルダを暗殺しようとした元刺客の従者。淡々とした性格。

ヒースコート

公爵家の息子で、野心家の青年。エルダに求婚を迫るが……。

立ち読み

「今、自分がどんな顔をしてるかわかる?」
 すっと背中を撫でながらヒースは囁く。
「頬は桜貝のように色づいて、唇が艶っぽく潤んでる。まつげは少し震えてるんだ……でも椿色の大きな瞳は、僕の口づけに屈しない。喉笛を狙う山猫みたいに鋭く輝いてる」
「そうよ」ヒースを見上げ、睨む。「あなたに殺される前に、私があなたを殺してやる。キスくらい、はなむけだと思えば安いもの」
「ふうん? だったらもう、僕は遠慮しなくていいのかな。強引すぎるのって紳士としてどうかと思わなくもないけど」
 それこそ紳士然とした上品な微笑みを浮かべ、エルダの顎を強く押さえる。
「……嫌なら噛みついてみなよ。君が無力な山猫でないのなら」
「くっ……!」
 エルダを挑発するように、ヒースの舌が口内を深くえぐる。
 溢れた唾液がエルダの喉を伝う。背中から腰へと這う手。やがてヒースの湿った吐息が胸元へと下りていく。朱く散った口づけの痕に新たな痕を重ねるように強く吸われ、エルダは奥歯を噛みしめた。
 駄目だ。足掻かなきゃ。この男の思い通りになど……!
「い……いやっ!」
 エルダはありったけの力を込めて、ヒースを突き飛ばそうとした。
 しかし手ごたえを感じるよりも早く、ふっと彼の身体が離れる。草木がざわめく音とともになにかが目の前を遮り、不思議に思って顔を上げた。
 逆光の中で、風になびく黒い髪。
 抜き身の長剣がまばゆく光り、エルダは目を細めた。
「レイフェン……?」
 張りつめた気配を漂わせる背中が、エルダとヒースの間に立ちふさがっている。
 構えた長剣が狙うのはヒースの左胸だ。今にも剣先がその部分を貫きそうで、戦慄が走る。
「すごいね。まるで気配を感じなかった」
 剣を向けられてもひるみもせず、ヒースはレイフェンを見つめる。
「ご覧の通り、僕は丸腰だよ。その剣を収めてくれないか?」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション