新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

箱入り王女の愛され結婚物語

本を購入

本価格:620(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:620円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

騎士団長の過保護すぎる寵愛

憧れていたクールな騎士団長レイファルド様に求婚されて同棲生活がスタートしたフィオレーネ。寝室に行く時はお姫様抱っこ。ベッドでも優しく包まれて眠る日々。溺愛されているけど、なぜか抱いてくれない。勇気を出して誘えば……「我慢してきましたが、可愛すぎてもう限界です」押し倒されて激しい口づけ! 巧みな指に蕩かされて純潔を捧げると、幸せな結婚生活が待っていた!

ジャンル:
西洋 | ファンタジー
キャラ属性:
クール
シチュエーション:
幼馴染・初恋の人 | 甘々・溺愛 | 政略結婚
登場人物紹介

レイファルド

冷血と噂されている『蒼の騎士団』団長の侯爵令息。フィオレーネの婚約者になり、溺愛が止まらなくなる。

フィオレーネ

世間知らずの第三王女。レイファルドを見ると胸が痛くなる病気(?)にかかっている。

立ち読み

 レイファルドの上に乗りかかり、彼と舌を絡ませるような濃厚な口づけをしていることに、フィオレーネは冷静さを失う。こういう口づけをしたのは初めてだ。むしろ、こういう口づけがあることも知らなかった。
 呼吸を奪うように激しく求められて、頭がくらくらする。身体からはすっかり力が抜け、彼の上に倒れ伏しそうになるフィオレーネを、レイファルドが強く抱きしめる。
「姫……」
 口もとから首筋へと移動した唇に、敏感な肌を強く吸われ、心臓が胸を突き破ってしまいそうだった。
「ああっ……あっ……」
 胸を押さえるフィオレーネの手を押し退けるようにして、レイファルドの大きな手が膨らみに触れてくる。
「え、何を……?」
「胸が痛くて心配なのでしょう? 大丈夫かどうか私が確かめてさしあげますよ」
「あ……」
 耳もとで囁きかけられ、それならばと手の力を抜くとすぐに、その場所をレイファルドの手に奪われた。胸の膨らみを包みこむようにして押し上げられ、半開きになった唇からしどけない声が漏れる。
「あっ……や……」
 弾力と感触を確かめるように、手は自在に胸の膨らみを弄んだ。大きく揺すられ、優しく揉まれて、フィオレーネはとてもじっとしていられない。レイファルドの上で、悩ましげに身体をくねらせる。
「あんっ……や……だめ……あっ」
 こらえきれずに上げる声につられるように、手の動きは大きくなるばかりだった。
 大きく襟ぐりが開いた夜着が肩から滑り落ちそうになっても、レイファルドは手を止めてくれず、華奢な肩からとうとう落ちてしまった夜着の中に、当たり前のように手が滑りこんでくる。
「やっ、あ! ……あぁ……」
 直に胸の膨らみを掴まれてしまったことに、フィオレーネは肌を震わせた。彼の手によって自分の身体が、これまで経験したことのない変化を遂げていくのがわかる。たまらなく身体が熱い。全身がひどく敏感になり、少し刺激を与えられただけで、甘えたような声が口から漏れる。
「あっ……や……ああんっ」
 大きく胸を揉まれながら、身体を捩るフィオレーネに、レイファルドがまた口づけてきた。
「んっ……んんう……」
 唇を塞がれながら、いっそう大きく胸の膨らみを弄ばれる。それはいつの間にかもう一方の胸にまで及び、フィオレーネはレイファルドと身体を入れ替えるようにして、寝台の上に仰向けに寝かされた。
「んっ、んんっ」
 肩からほぼずり落ちてしまっていた夜着を、本格的に腰のあたりまで脱がされる。剥き出しにされた素肌の上に、レイファルドが癖のない髪をさらりと揺らしながら乗りかかってくる。
 呼吸と共に大きく上下する胸の膨らみの頂点で、赤く色づいていた小さな蕾に唇を寄せられ、フィオレーネは大きく腰を跳ねさせた。
「ああっ! ……何を!?」
「いいから身体の力を抜いてください……私に委ねて……」
 突起を舐りながら語りかけられ、ゆっくりとそのまま咥えられた。敏感な器官が熱い粘膜に包みこまれる刺激に、フィオレーネは背をのけ反らせて悶える。
「やっ、あ! ああっ!」
 咄嗟にレイファルドを押し退けようと肩を掴んだが、フィオレーネのか細い腕ごときでは彼の身体はびくともしない。突起をねっとりと嬲られながら、肌に直接囁きかけられる。
「大丈夫。夫婦なら当然のことですよ」
 そう言われてしまえば、フィオレーネはもう彼の為すがままになるしかなかった。胸の膨らみを揉まれながら、その頂点で震える突起を、唇と舌でしつこく愛撫される。
「あっ、ああっ……あぁ……」
 あいかわらず心臓は今にも胸を突き破って飛び出してきそうに音が大きく、ますます高くなる体温も、自然と口から漏れる声も、こらえようがなかったが、それ以上にこれまで感じたこともなかった感覚が、身体の奥から湧き上がってくるのが不思議だ。
(何……?)
 それはレイファルドに口づけられるたび、淫らに肌を刺激されるたび、フィオレーネの中から溢れ出してしまいそうに大きくなっていく。
「あんっ……だめ……あ」
 得体の知れないその感覚が怖くて、フィオレーネはレイファルドが与える刺激から逃げようとするのに、まったく放してもらえない。
 それどころか顔は胸に埋められたまま、膨らみを掴んでいないほうの手で、夜着の裾を大きく捲り上げられる。
「あ……あっ……!」
 ドロワーズの上から太腿を撫でられ、大きな声が出た。
「何を……? やっ……」
 胸からようやく顔を上げてくれたレイファルドが、小さく息を吐く。
「やはりわかってらっしゃらなかったのですね」
 手は太腿を上り、足のつけ根にまで迫ろうとしていたところだったので、彼の言葉に冷静に耳を傾けている余裕はフィオレーネにはない。このままでは、誰にも触れさせてはいけない部分にまで、レイファルドの手が伸びてしまう。さすがにそれはだめだと、全身を使って抗おうとするフィオレーネに、レイファルドが囁きかける。
「夫婦になるというのは、お互いのことをすべて知るということですよ。もちろん心も身体も……例外などどこにもなくすべて……」
「え……?」
 思考と共に、フィオレーネの身体の動きも止まった。
「そうなのですか……?」
 驚きのあまりに大きく目を見開く顔を、どこか楽しげに見下ろしながら、レイファルドがまた胸の膨らみを揉む動きを再開する。
「そうです。だから姫はもう何も考えず、私にすべてを委ねてくださいと先ほどから申し上げているでしょう……夫婦の営みとはそういうものです」
「あ……!」
 それでは自分はなんと恥ずかしい誘いをレイファルドにしてしまったのかと、フィオレーネは恥じ入る思いだった。
(私……)
 自分から夫婦の営みはしないのかと彼に持ちかけた。それはつまり、こういうふうに身体に触れてほしいと、ねだったのと等しい。
「ちが……あっ……私……っん」
 胸の膨らみに再び顔を伏せたレイファルドが、蕾を強く吸いながら、ドロワーズの上からフィオレーネの秘めたる部分に触れる。
「本当はよくわかってらっしゃらなかったのでしょう? 知っていました……だから少しお教えしたらやめようと思っていたのに、姫の反応が可愛すぎて、止まらなくなってしまいそうだ……」
「可愛い……? あっ、ああんっ」

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション