新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

陛下の甘やかなペット
愛に溺れる妖精姫

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

腹黒皇帝の溺愛飼育!?

「調教し甲斐のある身体だな」美しくも策士な皇帝・ジークフリートの宮殿に捕らわれたミレーヌ。耳もとから胸を這いまわる唇。知らなかった快感。いけないわ、彼には婚約者が……。ベッドで、鏡の前で、奔放に求められながら、気になるのは陛下の本心。不器用な優しさに惹かれ始めた時、「もうおまえを放したくない」と熱烈な求婚が。どうしたらいいの? 私は妖精なのに!
ジャンル:
西洋 | ファンタジー
キャラ属性:
王子・王族・貴族
シチュエーション:
甘々・溺愛 | SM・監禁・調教
登場人物紹介

ジークフリート

ラインザー帝国の皇帝。策士でイジワルな皇帝陛下で、ミレーヌを甘く翻弄する。

ミレーヌ

フェンリヌ王国の妖精姫。縁結びのためジークフリートに近づくけれど――?

立ち読み
「おまえは知らないんだな。男は女を愛したくてここを舐める。女も好きなところだ」
「知らないものっ……」
かぶりを振りながらミレーヌは顔を赤くして必死に抗う。
普段、自分でさえも見たことのない秘めた場所を暴かれただけでなく、ジークフリートに見られているなんて恥ずかしくてたまらなかった。必死に腰を引こうとするが、彼の手が放してくれない。
さらに紅玉のような尖端をちゅうっと啜るように舐られ、意識が一瞬飛びそうになった。
「あ、んんっ……ぁっ……ふぁ、っ……」
だめだとジークフリートの肩を必死に押しても、びくともしない。蜜は止め処なく溢れ、彼の形のいい唇を濡らしていた。舌が幾度も敏感な箇所に張りついてくる。その耐えがたい刺激がミレーヌをよりいっそう淫らにさせる。
「狂うほどきもちいいのは、おまえの方だったな」
「や、ぁっ……舐め、……ないで……っ」
びくびくっと内腿を揺らして、淫らな責め苦から逃れようとミレーヌは懇願した。
「おまえのここは、そう望んでいない」
ジークフリートはつづけて陰核をくりくりと舐る。
「あ、あん!」
彼の言うとおり真っ赤に充血したそこは、いくらでも快楽がほしいと物欲しげにひくひくと戦慄いている。そんな浅ましい自分が恥ずかしくてミレーヌは目をぎゅっと瞑った。
「はぁ、あん、っ……やぁ、っ」
しかしそれ以上彼の指は入っていかない。入口あたりで抜き差しをして中をほぐし、その代わり頂上でひくついている花芯に、蜜にまみれた指の腹を滑らせた。
「ん、……あ、あ、っ……」
小刻みに痙攣し、なにかの合図かのように中がぎゅうぎゅうとうねる。
いまだかつて感じたことのない繊細な愉悦の連続に、ミレーヌは泣きそうな声をあげて抵抗した。
「だめ、……それ以上したら、……私っ……おねがい、ヘンなのっ……もうっ……」
激しい尿意のようなものが込み上げてくる。このままでは粗相をしてしまいかねない、と思った。けれど、それともまた違った、つよく、つよく、感極まった熱っぽい衝動が起こる。
「ふあっ……あぅっ……んっ!」
ぞくぞくと背筋が戦慄き、つま先が宙をかく。
「あ、あっあっ……ん!」
ジークフリートの舌を受け入れるべく、ビクンと臀部が震えあがり、秘めた蕾が突き出すように花を開かせていた。
「我慢できないか? いい……そのまま感じていればいい」
そう言いながら彼は濡れた舌先で隘路を上下に弄りながら、硬くなった花芯をおもいきり食んだ。舌先で突いたり転がしたり噛んだりされるにつれ、ますます敏感になっていき、どれほどでも感じてしまう。
「……こわいわっ……やめ、……あぁ、っ……んんっ!」
ジークフリートの容赦ない舌戯に追いつめられ、ミレーヌはがくがくと腰を揺らした。激しく吸われると、もうそれ以上先のことは何も考えられなかった。ただ無我夢中で与えられる喜悦に身を委ねていた。
「あ、あっ……あ、ああ──っ」
すべての思考をとりあげられてしまったみたいに、頭が真っ白になり、どろりとなにかが蕩けでた。弾かれたように胴が震え、腰の奥が甘くよじれる。
全身から汗が拭きこぼれ、ビクンビクンと脈打つような痙攣が止まらない。
溶けだした快楽の残滓が下肢にとろりと落ち、秘めた内部が激しく蠕動しつづけている。
ミレーヌはぱたり、と膝を閉じて横たわり、おさまりのつかない震えをどうにかしたくて枕にしがみつく。
一体自分の身に何が起きたのだろう。達してしまっても尚、中がまだ強い刺激を求めているかのように蠢いているのだ。
ジークフリートは閉じてしまったミレーヌの膝をくぱりと開き、余すところなく飲み干すかのように、花びらから零れ落ちる甘露を舌先で舐った。
「……はあ、……ン、あっ……ぁっ……」
敏感になりすぎたそこが辛い。けれど、ゆっくりと弛緩していくまでジークフリートはやめなかった。
全身から力が抜けて混沌とする中、ミレーヌは自分の手のひらを見つめた。これで元に戻るのではないかと思ったのだ。
(……戻らない……)
「儀式を交わさなくてはならないのだろう? そんなことも知らないとは……随分と幼いものだな。その割には成熟した器だ」
ジークフリートに揶揄され、ミレーヌは真っ赤な顔をして彼の胸を叩く。しかし手に力が入りきらない。腰もがくがくして立てない。興奮して赤く張りつめた乳房の先が、呼吸とともに上下に揺れていた。
「もっ……離れて」
「俺がおまえと完全に結合しなければ、儀式を遂行したことにはならない。どうするんだ。続けないのか?」
なんだか楽しんでいるような揶揄するような顔をしているジークフリートがにくたらしい。
ふと太腿になにかが当たるのを感じて、ミレーヌはハッとする。
彼の硬く張りつめた屹立が、ミレーヌの蕩けた秘部にあてがわれようとしていたのだ。太い血管を浮きたたせて隆起したものの大きさを察して逃げ腰になる。
「む、むりっ……まって、むりよっ……」
仰け反ったところで遅い。そそりたった肉棒の丸みを帯びた雄芯が、いままさに濡れた女陰を押し開こうとしていて、ミレーヌは青ざめる。
(こんな……大きなものが? 今度こそほんとうに身体が壊れちゃう……!)
「俺を化け物のように言うな。男なら誰でも持ち合わせているものだ」
ジークフリートが尖端の括れのところまで挿入し、くにゅくにゅと濡れた襞を抉る。ミレーヌが溢れさせた蜜に濡れて艶々といやらしく光っているのが、見ていられなかった。
「ひっぅ……だ、だって……」
膝を揃えられ、まさか彼が強引に入ろうとするのではないかと青ざめたままぶるぶると震えて構えたところ、意外にも彼はまっとうな結論を下した。
「おまえを痛めつけるような真似をするつもりはない。だが、おまえをそうそう簡単に逃すつもりはないことを覚えておけ。まずは狙いを知ることからだな。敵か、味方か──」
ジークフリートはそう言い、ミレーヌの唇に自分のそれを重ねた。
「んっ……」
その拍子に彼の体重が圧しかかり、臀部をぐっとつよく引き寄せられ、ぴたりとあわせられた内腿の間に彼のものが潜り入ってくる。
「やぁっ……」
覚悟を決めた途端、ずるりと臍のあたりに滑った感触がした。その弾みでぴちゃりと下腹部に蜜が跳ねる。
「えっ……えっ?」
(どうなったの……!?)
「今はこれで我慢してやる。おまえは早くこの感触に慣れるがいい」
深いところを掘削するように腿の間を抜けてくる彼の屹立が、再び臍のあたりに当たり、彼の尖端の窪みから零れてくる透明の雫で濡れていく。
ジークフリートは腰を振りながら、ミレーヌの臀部を引き寄せ、秘所の先についた紅玉に指をいやらしく擦りつけながらずんっずんっと律動をつづける。
「はぁ、ぁっ……いや、やっ……そこは……弄っちゃ……だめ、……」
ぎゅうっと瞼を閉じた拍子に涙が吹きこぼれた。内腿に力を込めたところ、ますます彼のそこは大きく張りつめて硬くなる。打ちつけてくる彼の胴がとても熱い。
彼はミレーヌの瞼にそっとくちづけながら、腰を動かす速度をどんどん速めていく。杭を打つかのように肉体がぶつかって卑猥な音を部屋に響かせる。
「ん、はぁ、……やぁっ」
「泣くほどいいのか」
耳朶をねっとりと食まれ、さっき感じた絶頂がじわじわと押し上がってくる。
「おまえのさっきの上りつめた顔が見たい。もっと俺を欲しがれ」
求愛するような甘い声音が滑り込んでくる。耳を舐め、頬を掠め、そうして再び、唇を奪われる。口腔に挿入ってきた舌の淫らな動きにあわせて、彼の熱棒が秘所の潤滑油を得てぬちゅぬちゅと押し込められる。
「……ぅん……っん、……んっ」
あたたかくて逞しい肉棒の感触が、ミレーヌの脳に記憶されていく。
いつ中に押し込まれるかもわからない不安と引き換えに、甘い疼きを走らせる場所を指で丹念に愛され、ジークフリートの硬い胴が臀部にぱちん、ぱちんと激しく当たるたび、もう、一つになったのではないかという錯覚に陥った。
敏感な花芽に熱が走り、潤んだ媚肉をこすられるうちに、さっき達したとき以上に熱い波がやってくる。彼の動きも荒々しくなり、ああ終わりが近づいているのだと悟った。
ずんっと突き上げるように腰を動かされた瞬間、ミレーヌの身体がぶるりと跳ねた。
「やっ……あっあっ……あ───!」
下腹部に熱い飛沫が放たれたのを感じながら、ミレーヌ自身もまた二度目を上りつめ、白い世界を彷徨った。
互いの吐息が荒々しく入り混じる。汗ばんだ肌が熱く、覆いかぶさってきた身体が重たい。ジークフリートの心臓の音が速く、ミレーヌのと重なりあって激しく鼓動を打っている。吐精させたあとの物憂げな眼差しは、えもいわれぬ色香に満ちていて、汗ばんだ金色の髪に滴る雫は宝石のように綺麗だった。
(……ずるい、わ……こんなときまで……綺麗だなんて……)
「……おまえには男を夢中にさせる、素質があるようだな。それともこれは……やはり媚薬か、毒か……?」
そう言いながら紡がれるくちづけは、蕩けそうなほど甘美で……これこそが毒だ、と混沌とする中で思った。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション